にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

 私の会社もパッケージを作っている会社なのでよく新しいパッケージ開発とか言ってます。

 いつも私が思うのは・・・パッケージ開発が簡単にできれば世の中みんな儲かってるわと思います。3000万円の新規開発のお金て・・・3000万でアップルやグーグルに勝つつもりですかと普通に問いかけたくなります。もし勝てるなら起業してますって。

 まあ、私の会社の管理職は本当の馬鹿だと思ってますのでこいつらのところは置いといて。

 日本の名だたる企業、ソニー、パナソニック、シャープ、少し格が落ちるけどNEC。このへんのこの頃聞くニュースはリストラ、残業禁止、出張禁止などコスト削減の話しか聞きません。特にソニーはアップルと事業が大きくかぶってますが、そんなリストラとかしててアップルとかにどうやって勝つつもりなのか。頭が悪いとしかいいようがありません。現時点ではブランドも財力としての余力もアップルにかないようがないのでどうしようもなくなりましたが、これが10年前であれば色々違ったような気もします。

 私の会社程ではないかもしれませんが、このへんの管理職の人たちも同じように馬鹿ばかりなのはこのへんからも想像できます。今は世界の一般ユーザに売りたければ世界一にならなかればならない時代なのです。ニッチな分野でもいいから世界一にならなければ。広告を削るなど論外。世界に勝つ企業になるとはそのようなことなのですが、これを理解できているのかな。経営者といわれる人たちは・・。テレビ事業などやっている場合ではないと思います。

 対企業に売っている企業であれば日本にも優秀な会社はまだまだあります。コマツ、ファナックが日本ではそのいい例でしょう。

 なのでこれから投資する企業は二つ。

・世界一の商品・サービスを持っている企業
・地元に根付いた企業(地元は日本ともいえます)

 前者は、コマツ、ファナックを筆頭に日立、コンビニ、ユニクロ、部品会社、自動車がどうなるか?な感じでしょう。ついでにいえばグリー、DeNAも世界戦略を立ててますがこれが成功する可能性も0ではないと思ってます。
 後者は、小さな会社が多いですが、今の日本には割安に放置されている状態なものも多いです。でかい所でいえばNTTドコモ、セブンアンドアイ、ニトリ小さいところでは地元の薬局屋とか100円ショップとかです。

 基本これを抑えてカブドットコムでは投資をしていこうかと思ってます。意外にこれを守って楽天では成功してきた感じもあります。

 GMOでもたった2銘柄で小額ですが長期で持っている銘柄がありますが・・買った時点から+20%ぐらいになってます。まだまだ小型株には割安なものが日本には多く転がっているように見えます。配当利回り5%は普通ですし4%であれば山のようにありますから。やはりチャンスは地元に根付いた優良企業かもしれません。

 たまには真面目な話を書いてみました。